ポラリス

ポラリスは北極星

そしてこぐま座のしっぽの先


地軸のズレから

近世に北極星となりました


不動の北極星は有名なわりに

見つけにくいので

北斗七星を見つけてから

辿ります


北極星の周りに

おおぐま座の

北斗七星が時計の針のように

ぐるぐると巡る


このこぐまは、実は

おおぐまにされたカリストの息子


森の中で母であった熊に出会いますが

母とは気付かず射殺しようとしたところ

ゼウスに熊に変えられ

母子ともに天にあげられたのです


ポラリスはラテン語で

「極の」という意味の名


和名もたくさんありますが

私が好きなアイヌ語では

私たちが見る神という意味で

チヌカルカムイ


ポラリスの意味するもの

・先駆者、支配的

・時代が終わると役割から降りる

・独自のキャラクターで人が集まる