top of page

苦手だけどもやらなくてはいけない

更新日:2022年5月9日


考えを発信したり、発表したりすることは心底苦手だったから

やらなかったし、不得意だから逃げてきたけど。

自分はこんなことをやろうとしているよ、伝えていかないと誰にも見つけてもらえない。

というアドバイスもずっと前から聞こえていたけど。


自分の言葉で伝えることを、もっと積極的にもがいていかないとダメだなと、

いい加減にすごく感じてしまいました。

鑑定も特にしていない今は、星のことも自分の中の狭いところで巡らせて終わってしまう


そういえば数年前に作った自分のHPなら、誰かが見ることもないし、

練習として初めていきたいと思いたった。

何もせず、手入れもせずに放置している庭みたいだった、

お金かかっているところもあるし、ちゃんとお手入れしたり活用しよう。

(石井ゆかりさんが筋トレという名前でサイトを始めたのは、

文章力を鍛えるためと何かで読んだことがある、素敵なネーミングだ)


思い立った朝にトランジット見てみたら、自分の太陽に火星がとってもタイトにトラインしていた。

書いている今は金星が応援している感じがする。

だから、どうとかでもないが肯定されてるようで安心する。


私がHPを思い立って作ったのはプログレスの月が10ハウスにいる時だった。

今はプログレスの月は12ハウスにいる。

プログレスの月が12ハウスが滞在しているときはトンネルの中にいるみたいで、

なんだか真っ暗な感じで、答えも出せないと教わったけど

本当にそうだなと思っている。(受け入れたら一概に悪いもんじゃない)

ちょっと6ハウスの時と似ているな、先の見えない不安感のようなものが。








最新記事

すべて表示

気づいたら春、でも悪くない感じ

今月の牡牛座の新月はとてもサプライズ玉手箱でした。 穏やかな生活が常であっても、どこかで重要なタイミングが来るべくしてくる。 何気ない縁や種は気づいていないうちに、芽吹いて大きくなっている 準備ができている人はとても現実化が早い、昨今。 準備できていなくても、こっちに行くんだ、とか 心地いいのはやっぱりこっち、よいしょって踏み出すだけでも 全然まだ間に合うんだ。ってすごく教えていただけました。 心

科学と宗教

河合隼雄さんと茂木健一郎さんの著書で、科学とそうでないものはいつかはどこかで一致し、相当な接点を持つのではないかと書かれていたことを見てすごく納得したことがありました。 最近でも、スピリチュアルな話をされる方が、あの世ではアインシュタインと空海は意気投合して一緒にいるという話をされたのを聞いてすごくワクワクしました。 佐治晴夫さんの著書でも現代物理学と般若心経というテーマのものがあります。 けして

Comments


bottom of page