獅子座のレグルス

獅子座の心臓レグルス


「小さな王様」

という意味の名をコペルニクスがつけました


獅子の心臓にあたるだけあり、

獅子座の象徴を凝縮したような

強力なロイヤルスター


ペルシャ人は王の星と考えてたそう

直径は太陽の4倍あり

実際には決して

「小さな」ではありません


ちなみにレグルスはちょうど黄道上です


レグルスの意味するもの

・とても高いプライド

(このプライドはときにマイナスに)

・強い成功

・目立つことを好む