top of page

獅子座のレグルス

獅子座の心臓レグルス


「小さな王様」

という意味の名をコペルニクスがつけました


獅子の心臓にあたるだけあり、

獅子座の象徴を凝縮したような

強力なロイヤルスター


ペルシャ人は王の星と考えてたそう

直径は太陽の4倍あり

実際には決して

「小さな」ではありません


ちなみにレグルスはちょうど黄道上です


レグルスの意味するもの

・とても高いプライド

(このプライドはときにマイナスに)

・強い成功

・目立つことを好む



最新記事

すべて表示

占星学を学んでから、ある程度ホロスコープが読めるようになったかなと思った頃に、 イベントでの対面とココナラでのメール鑑定をやってみたことがあった。 (ココナラはマイペースにやれたし、やめないでのんびりでも続けたらよかったなと後悔している。本当にのんびりでも積み重ねたら大きかったよね) 私は時間制限の枠がすごい苦手だし、 質問されたことだけ答えるのもなんだかもの足りなくて、 もっと本質的なことたくさ

西洋占星術では、生まれた瞬間と場所から天体位置を図にして 切り取ったホロスコープをみてよむ 地球から近い冥王星までの天体の配置をみて、 その人自身がどんな目的や課題を決めて今世生まれてきたのか… というのがわかる 自分の中に流れる、穏やかなエネルギーとか コントロールが難しいエネルギーとか そんなのが、生まれた瞬間の天体の配置の波動のようなものが魂に刻まれる 目的や課題でタイミングを選ぶのは自分で

占星術を勉強しようと思ったのは、その時 ホロスコープを読んでくれた方が とても私が好む感性をされていたことがとても大きい その人の言葉だから、占星術がとても好きになれた 星を読み解くのって翻訳みたいにセンスが出るんだと思った ちなみにその方は、友達のお母さんでその時に弟子入りしました 何かを好きになったり関心を持つのって、実はタイミングの方がすごく重要 後からわかったけど、その時は私が末長く勉強し

bottom of page