ラスアルハゲ


ラスアルハゲはへびつかい座の

頭にあたり

蛇を操る者の頭

という意味の名


かつて、へびつかいとへびは

1つの星座で

ラスアルゲティの隣にあります


古代ギリシャ時代に切り離され

今は別れて別の星座となりました


へびつかい座は黄道上のため

太陽がへびつかい座にいる時期があります

(一時、へびつかい座が13星座目として話題になったときがありました)


へびつかいは

神アポロンと王女コロニスの息子アスクレーピオス


アスクレーピオスは

あらゆる知識を授けられ

素晴らしい名医に育ちました


やがて女神アテナから

故人を生き返らせる力をも

手に入れますが

冥界王ハデスやゼウスの怒りに触れ

殺されました


医師としての偉業を評価され

蛇の毒を使って治療していたことから

へびつかい座として

星座にあげられたのです


ラスアルハゲの意味するもの

・癒しや教えることに関連

・ダメージを受けたものを修正