ラスアルゲティ

ラスアルゲィは

逆さまのヘラクレス座の頭にあたり

ひざまずく者の頭という意味の名


ベガを見つけて

西側にあるH型の星座がヘルクレス


大神ゼウスと王女アルクメネーの

子供であったため

幼いうちからゼウスの本妻ヘーラから

命を狙われ

赤ちゃんのとき、毒ヘビを

笑いながら握り殺したとか


強靭ゆえに

星座の蟹、獅子、うみへび、りゅう

をも退治した英雄ヘラクレス


死後、神々の仲間に加えられました


ラスアルゲティの意味するもの

・自然を崇拝し、自然の中の潜在力を受け取る

・健康に関連、バランスに崩れたものを本来のものに戻そうとする力

・ナチュラルに生きる