アンドロメダ座のアルフェラッツとミラク

ペガススの大四辺、

北東の星はアンドロメダ座の星でもあります

その星がアルフェラッツ


アルフェラッツを先頭に「A」の形をしているのがアンドロメダ座


アルフェラッツは「馬」という意味

ミラクは「ベルト」「ガードル」という意味の名


アンドロメダ座は

くじら座である怪物の生贄として

捧げられることとなった

絶世の美女であるアンドロメダ王女


メドューサ退治帰りのペルセウスに救われました

その後、アンドロメダ王女とペルセウスは結婚し、

死後に星座に加わりました。


◯アルフェラッツの意味するもの

・飛ぶこと、移動すること、自由であること

・乗り物に関係、拘束を断ち切る

※アンドロメダ座としてでなく、ペガスス座の意味が強いと考えられます


◯ミラクの意味するもの

・若々しい創造性と女性性

・芸術性

・調和を求め、偏らない