アンタレス

蠍座の中心部 で一等星の赤いアンタレス


南の低い空に目につく赤い星のある

S字の星座が蠍座


火星に対抗するという意味で

アンチアーレスが語源


古代では火星は

災いを呼ぶと言われ

同じ赤い星で

火星を鎮圧するという

イメージから

蠍は竜ともみなされていたそう


ギリシャ神話では

自惚れが過ぎて、

神々に怒りを買ったオリオンを

大地の女神ガイアの命令で、

毒で成敗したのがこの蠍です


アンタレスが意味するもの

・俗世的な欲求に埋もれない浄化された魂の世界

・高い次元での情報網