アルファルド

88星座の中で一番大きなうみへび座


大きいので、開けた場所でないと

全身が見れない


うみへびの頭は

レグレスとプロキオンの間にあります


うみへび座はヘラクレスと戦った

9つの頭を生やしたヒドラ


そしてその心臓部にあるのが

アルファルド


アラビア語で「孤独なもの」

という意味の名で

周りに星がない2等星なのが

由来しています


また別名ラテン語でコルヒドラエ

「蛇の心臓」という意味の名を持ちます


アルファルドの意味するもの

・集中的な仕事への取り組み

・この力は何もしないでいると暴走する