くじら座のメンカー

くじら座は、鯨ではなく

ティアマトという怪獣の姿


ペガススの大四辺の東の辺を形作る2個の星を結んで、

南の方へのばしていくと

しっぽにあたる2等星にぶつかります


秋の星座では一番大きい星座


メンカーは「鼻の孔」とい意味の名で

鼻先にあたる星


エチオピアをケフェウス王とカシオペア王が統治していた頃のお話


カシオペア王妃には絶世の美女アンドロメダが自慢でした


ある日いつものように、 

娘の自慢話をしていましたが

「私の娘は海のニンフより美しい」

と口を滑らせたことで

海のニンフ達の怒りを買ってしまいました


ニンフの妻を持つポセイドン神の耳にも入り

妻を侮辱されたまま黙ってられないと

怪獣ティアマトをエチオピアに送り込み

人々を襲わせたのです


ケフェウス国王は神にどうしたらいいか

伺いをたとると

「災いの原因となった娘を生贄にせよ」

とのことでした


王は悩みましたが、

国民達に詰め寄られ

とうとうアンドロメダ王女は

生贄になるため

海岸の岩に繋げられてしまったのです


怪獣ティアマトが

アンドロメダ王女めがけて

襲いかかろとしたとき


ペガススに乗り

メドューサの首を持った

ペルセウスが現れました


アテナ神の剣で戦い

弱ったところでメドューサの首をつきつけ

怪獣ティアマトを石化させ

海に沈めたのです


ペルセウスの父、ゼウス神も

ポセイドンの怒りを収め

ペルセウスはアンドロメダと結婚

エチオピアの王となり

2人は幸せに暮らしました。


この話の登場人物は

怪獣ティアマトであるくじら座を含め

星座となりました


◯メンカーの意味するもの

・集団意識の送受信

・多くの人を巻き込み、捲き込まれる