かんむり座のアルフェッカ

ヘルクルスとへびつかいの間に

小さい半円で整った形がかんむり座


ほとんど4等星なので

控えめな星座


かんむり座の1番明るいのがアルフェッカ


アラビア語で「欠けたもののの明るいもの」という意味の名

また、「真珠」を意味するゲンマという別名もあります


かんむり座の神話は

勇敢な王子テセウス

クレタの王女アリアドネ

酒の神ディオニュッソス

の三角関係からなるお話…


永遠の愛の証として

アリアドネの

美しい冠が

星座にあげられたのです


アルフェッカの意味するもの

・女性的な受動性

・受動的で静かな態度でありながら上昇していく